【ブログ】ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressを手動バックアップする手順

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress投資・美容

あなたは、ロリポップ!レンタルサーバーを使用していて、WordPressのバックアップの方法を知りたいですか?

ロリポップ!レンタルサーバーでは、「自動バックアップ」の機能もありますが基本的に有料です。

(ハイスピードプラン、エンタープライズプランのみ無料。)

でも手動でバックアップすれば、無料で済みます

ただし、他のブログ記事を読んでも、細かい手順までは説明されていないことが多いです。

筆者も初めてバックアップするときにはつまずいてしまいました。

今回は、初めてWordPressの手動バックアップを取りたい方向けに、操作方法をスクリーンショット付きで詳しく紹介します。

WordPressのバックアップは2段階

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

WordPressの更新(アップデート)を行う前に、バックアップをすることが推奨されています。

WordPressのバックアップには、データベース(MySQL)のバックアップとサイトデータのバックアップが必要です

 

データベース

MySQLという高速のデータベース管理システム

サイトデータ

WordPress本体、画像、テーマ、プラグイン

データベースのバックアップのほうが、データ容量も少ないため早く完了します。

また、ロリポップ!サーバーの管理画面上で完結するので簡単です。

そこでまずは、データベースのバックアップ手順を紹介します

データベースのバックアップ手順

今回は、MySQLの操作をWebブラウザ上で行える「phpMyAdmin」を使用します。

ロリポップ!の管理ページ上でも使用することができるソフトです。

まずは、ロリポップ!のユーザー専用ページ(http://user.lolipop.jp/)にログインします

▼ログインしたら、「サーバーの管理・設定」から「データベース」を選択

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼データベース画面にある「操作する」をクリック

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼続いて「phpMyAdminを開く」をクリック

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼「ユーザ名」「パスワード」「サーバの選択」をそれぞれ入力します

※「ユーザ名」「パスワード」「サーバー」は、先ほどの「データベース」の画面に記載があります

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼「phpMyAdmin」にログインしたら、左側メニューからサーバを選択します

サーバーが1つのみの場合は、そのサーバ名をクリックすればOKです

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼続いて、「エクスポート」のタブに移動

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼デフォルトの設定のまま、「実行」をクリック

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼バックアップ先のフォルダを選択し、保存します

自分でわかりやすいフォルダを作って保存すればOKです

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

目的のフォルダに「.sql」形式のデータがダウンロードできたら、これでデータベースのバックアップは完了です

意外と簡単でしたね。

サイトデータのバックアップ方法

pc,検索,ネット

サイトデータのバックアップのほうは、ちょっと手間がかかります。

まずは、FileZillaなどのFTPソフトを用意します

FTP(File Transfer Protocol)ソフトとは
WEBサイトを公開するときや、作成したHTMLなどのファイルをサーバーにアップロードするとき、また更新するときに使用するソフトです。
また、他にもファイルをFTPサーバにアップして他のPC(クライアント)でダウンロードするときや、ファイルを共有するときにも使用されます。

要は、サーバ上にあるサイトデータを、ローカルに保存するために使用します

FTPソフトを使い、ロリポップ!!サーバに初回接続する場合、設定が必要となります。

設定方法は、こちらのロリポップ!公式ページが参考になるので、一度目を通しておくとよいでしょう。

各種FTPソフトの設定方法 / ファイル管理 / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル FTPソフトの設定を説明したマニュアルページです。

なお、ユーザー専用ページから簡単にログインできる「ロリポップ!!FTP」も提供されています

ただ、これを使用する場合はサイトデータを一度にダウンロードすることができず、1つひとつファイルを選択してダウンロード、を繰り返す必要があります。

長く運営しているブログだと、サイトデータは数百GBにも及ぶので、これは現実的ではありません。

そのため、サイト全データの手動バックアップには、外部のFTPソフトを使用することが必須です

「FileZilla」をインストール

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

代表的なFTPソフトである「FileZilla」をダウンロードし、インストールします。

FileZillaは、こちらのオリジナルサイトでダウンロードできます。

Download FileZilla Client

▼画面の指示に従ってインストールが済んだら、FileZillaを起動して、サーバに接続します

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼サーバへの接続には、下図面で必要情報を入力する必要があります。

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

「ホスト」は「ftp.lolipop.jp」、「ユーザー」と「パスワード」は、ロリポップ!ユーザー専用ページにログイン後の、アカウント情報ページに表示されています。

ユーザー専用ページへのログイン用のID、パスワードとは異なるので注意しましょう

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress
アカウント情報

▼上図に従って必要情報を入力したら、「転送モード」で「パッシブ」を選び、「接続」をクリック

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼接続できた様子が下図です。左側にローカルフォルダ、右側にサーバー情報が並んでいます

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

▼左側で保存先を指定し、右側の窓内で右クリック→「ダウンロード」をクリックすると、即座にダウンロードが開始されます

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

サイトデータが大きい場合は、ダウンロードにかなりの時間がかかるので、気長に待ちます。

▼ダウンロードが終われば完了です。「サーバーから切断」をクリックして、作業を終了します

ロリポップ レンタルサーバー 手動バックアップ 手順 WordPress

まとめ|WordPressサイトが手動でバックアップできる!

いかがでしたか?

今回は「【ブログ】ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressを手動バックアップする手順」をお伝えしました。

WordPressのバックアップはできるだけ頻繁にとっておき、いざというときにすぐ復元できるようにしておくと良いでしょう

このブログでは、人生をちょっとだけお得に送るための生活改善情報を発信しています。

よろしければブックマークや、プロフィールページからTwitterのフォローをお願いします。

それでは^^

■投資・美容カテゴリの人気記事はこちら

湘南美容クリニックのニキビ跡治療は安い?ゴリラクリニックとの比較|メンズ向け

NOVA LIVE STATION はオンライン英会話の新しい形だ

ピンタレストを自動更新して、ブログ流入に活用する手順|Pinterest 自動公開

この記事を書いた人
TAKAHIRO SAITO

筆者のプロフィール
広告関係の仕事をしながら、趣味や買い物の記事を中心に執筆中。ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級保有。
キャッシュレス、クレジットカードなどの金融関係の記事も得意。
クレジットカードはセゾンカード、ビックカメラSuicaカードを愛用中。QR決済は、PayPayを使用しています。
趣味はハンドドリップコーヒー、晩酌、映画鑑賞、貯金。

\更新を見逃さないように、フォローをお願いします/
投資・美容
スポンサーリンク
\更新を見逃さないように、フォローをお願いします/
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました