【マイナポイント】一番お得な上乗せキャンペーン!10社を徹底比較

マイナポイント,上乗せポイ活

2020年9月に入り、マイナポイント事業が本格的にスタートしました。

マイナポイントの還元額は通常、チャージや支払額の25%相当で、5,000ポイントが上限。

この5,000ポイント還元については、どの決済方法を使っても差がありません。

ただし、各キャッシュレス決済事業者はこの他にも独自の上乗せキャンペーンを設けて、しのぎを削っています。

つまり、マイナポイントキャンペーンを最大限に活用するには、一番お得な決済方法を選ぶ必要があるのです!!

でも、マイナポイント対象の決済方法が多すぎて、実際のところどれが一番お得か悩みますよね。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ筆者が、各社が実施するマイナポイント「上乗せキャンペーン」を比較します。

これによって自分にとって一番良い決済方法を見つける助けとなれば幸いです。

▼マイナポイントの利用に必要な、予約方法についてはこちら

マイナポイント上乗せキャンペーンを10社比較!

最もお得なのはd払い。次いでWAONゆうちょPaySuicaが優勢

上乗せキャンペーンを行なっている代表的な10社の決済方法を、下表にまとめました。

マイナポイント申し込み数が1番多いPayPayは、現在上乗せキャンペーンを行っていないため除きました

この表は、2020年9月3日現在のものです。

もし新たなキャンペーンが始まったら随時入れ替えていきたいと思います。

 還元率・上限額還元条件申し込み期限備考
d払い

最大2,500dポイント
特典①:1,500P
特典②:5%・最大1,000P

特典①:
申し込み完了
特典②:
チャージまたは買い物

特典①:2020.9.30
特典②:2021.3.31

特典①は9月中に申し込みが必要なので注意!
WAON

10%
最大2,000WAON

チャージ2021.3.31WAONの受け取りは、2020年10月下旬から

イオンカード(WAON
機能付)・イオン銀行キャッシュ
+デビット

10%
最大2,000WAON

支払い2021.3.31他の決済サービスへのクレジットチャージは対象外
ゆうちょPay1,500ポイント申し込み完了2021.3.31利用できる店舗が少ない
Suica1,000ポイント
(※)ビューカードでチャージ
すると、抽選で2,000ポイント
申し込み完了2021.3.31JRE POINTと連携する必要あり
au PAY20%
上限1,000円
チャージ2021.3.31
メルペイ5%
上限1,000円
メルカリでの買い物2021.3.31本人確認が必要
ICOCA1,000ポイント対象店舗で
合計20,000円の買い物
2021.3.31ポイント付与は2021年4月下旬
LINE Pay10%OFFクーポン2枚申し込み完了2020.11.251回の買い物で1枚のみ使用可能
楽天ペイ500ポイント
(通常ポイントと
合わせて800ポイント)
支払い2020.9.30800ポイント還元は、楽天カードからチャージした時だけ

オススメ順に、各支払い方法のポイントを解説

ここからは、上の表で挙げた10種類の支払い方法について、それぞれの特徴を解説していきます。

イチオシはd払いとWAON・イオンカード

d払い|期限は短いが、2,500ポイント還元

d払い,マイナポイント

d払いの上乗せ特典は、2段階あります。

これらは重複適用が可能で、どちらも条件を満たすと【2,500dポイント】がもらえます。

公式サイトには「dカード特典」の記載もありますが、これは「d払い」とは別物なので注意

dカード特典は500Pの還元のみなので、登録候補からは外れます。

  • マイナポイントの申し込みにd払いを選ぶだけで、もれなく1,500ポイント(特典①)
  • さらに、2万円分チャージまたは買い物をすると1,000ポイント(特典②)

ポイント還元に時間がかかることと(条件達成の翌々月)、付与ポイントはドコモケータイの料金支払いには使用できないなど、少し制限はありますが、この高還元率は魅力です。

マイナポイントを上限いっぱいまで獲得するなら、いずれにせよ2万円は使用することになるので、どちらの特典もクリアしやすいと思います。

ただし、「特典①」については、キャンペーン適用が2020年9月30日申し込み分までと限られています。

マイナンバーカードの発行にも期日がかかるため、利用したい人は早めに申し込む必要があります

WAON|上限2,000ポイント

WAON,マイナポイント

WAONの場合は、2020年9月1日以降のチャージ額に応じて、上乗せポイントが付与されます。

公式サイトはこちら

上乗せ分の付与率は、チャージ額の10%。上限は【2,000ポイント(WAON)】です

こちらも、マイナポイントを上限5,000ポイントもらうためにはどのみち2万円のチャージが必要なので、上乗せ分を上限まで獲得することは難しくありません。

WAONは、イオン系のスーパーや一部百貨店、コンビニ、ドラッグストアなどで幅広く使うことができます。

賢く利用すれば、もらったポイントも無理なく使い切ることができるでしょう。

イオンカード(WAON機能付)・イオン銀行キャッシュ+デビット|上限2,000ポイント

イオン,マイナポイント

「イオンカード・イオン銀行キャッシュ+デビット」もマイナポイント事業に参画しています。

支払額の10%、上限は【2,000ポイント】で、還元額はWAONの場合と同様です

支払いだけで付与対象となるので使いやすいです。

ただし、マイナポイント事業に参画している他の決済サービスへのクレジットチャージや、J-Debit機能・VISAデビットのご利用分などは対象外となります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

WAONが使えないけど、クレジット支払いには対応しているお店の支払いなどでは便利です。

イオンカード(WAON一体型)お申し込みはこちら

次点はゆうちょPayとSuica、au PAY

ゆうちょPay|1,500ポイント

ゆうちょPay,マイナポイント

ゆうちょPayでは、このマイナポイント事業のスタートに合わせて新設された、「ゆうちょPayポイント」1,500ポイント還元

第1弾の500ポイント還元キャンペーンは8月末で終了したため、これから申し込む人は1,500ポイントがもらえるのみです。

付与条件は、マイナポイントにゆうちょPayで登録するだけなので簡単です。

でも、普段の買い物ではポイント還元がないため、わざわざ加入するのはオススメしません。

使えるお店は郵便局やコンビニ、ドラッグストアなど。

メジャーなスーパーマーケットや量販店は少なく、貯まったポイントを使い切るのに困るかもしれません。

公式サイトで、ご自身の生活圏に使えるお店があるかをよく確かめて申し込む方が良いと思います。

Suica|1,000ポイント+抽選で2,000ポイント

Suica,マイナポイント

関東圏の電車利用者なら、一度は使ったことがあるSuica。

上乗せ分は【1,000JREポイント】で、付与条件はマイナポイントにJRE POINT連携したSuicaで登録するだけです。

公式サイトはこちら

貯まったJREポイントは「JRE POINT」サイトで「1ポイント=1円」のSuica残高にチャージができます。

また、提携する他のポイントとの交換や「JREモール」での商品購入にも使用できます。

Suicaにチャージすれば、電車での利用もできるし、量販店やコンビニなどで使用することも可能。

さらに、ビューカードお使いの人は、クレジットチャージをすることで抽選で【2,000JREポイント】が当たります。

電車通勤などで普段、Suicaを使用する機会が多い方は、検討してみてはいかがでしょうか。

ビューカード,マイナポイント

au PAY|上限1,000円の残高

auPAY,マイナポイント

au PAYの上乗せキャンペーンは【上限1,000円】分のau PAY残高です

条件は、マイナポイントに登録したau PAYで、対象期間内にチャージするだけ。

月間のマイナポイント付与額の20%が翌月下旬に付与されます。

上限額は高いほうではありませんが、申し込み期間が長く、条件も非常にシンプル。

au PAYを普段から使っている人にはオススメです。

公式サイトはこちら

イマイチな上乗せ還元4選

メルペイ|メルカリでの買い物で、上限1,000ポイント

メルペイ,マイナポイント

マイナポイント【5,000ポイント】の付与対象は、街での支払いやチャージも対象。

一方で、5%の上乗せキャンペーンは、メルカリ内で買い物したときだけです(上限1,000ポイント)。

上限の1,000ポイントをもらうには、【20,000円】もの買い物をメルカリ内でする必要があります。

この条件を満たせるのは、ごく一部のユーザーに限られると思います。

また、上乗せ対象の条件はメルカリで本人確認を行うこと

個人情報をメルカリに渡したくない!という人も、登録は慎重にしたほうがいいと思います。

公式サイトはこちら

ICOCA|駅ナカの買い物で1,000ポイント

ICOCA,マイナポイント

ICOCAは、JR西日本が発行するICカード。

関東圏にお住まいの方には馴染みがないかもしれません。

ICOCAでは、Suicaと同様に【1,000ポイント】の上乗せキャンペーンを実施しています。

マイナポイント分である【5,000ポイント】の付与条件は、「チャージ」のみとハードルが低いです。

ただし、上乗せ分については「JR西日本グループの駅ナカ・ショッピングセンターの対象店舗で20,000円分の買い物」をした場合のみが対象

他の決済方法と比べて、付与条件がかなり厳しめに設定されています。

公式サイトはこちら

LINE Pay|10%割引クーポンを2枚

LINEpay,マイナポイント

特典クーポンが3ヶ月間進呈されたキャンペーンは、8月25日で終了。

2020年9月9日からは、最大割引額5,000円の「スペシャル特典クーポン」がプレゼントされます。

同クーポンは、10%の割引クーポン(上限2,500円)が2枚

1回の買い物に1枚しか使えないので、割引の恩恵を最大にするには、25,000円以上の買い物を2回行う必要があります。

クーポン利用期限も1ヶ月間と短いので、ほとんど実用的ではありません。

公式サイトはこちら

楽天ペイ|800ポイント還元

楽天ペイ,マイナポイント

楽天ペイでは800ポイント上乗せを謳っていますが、数字のマジックが入っているのでお気をつけください

楽天ペイは、もともと1.5%の高還元が売りです。

20,000円の買い物をした場合、通常時でも300ポイントが還元されます。

そこに、【500ポイント】の上乗せをするのが今回のキャンペーンです。

しかも、1.5%の高還元になるのは、楽天カードからチャージした時だけ。

身の回りのものを楽天で固めたい!という人には良いかもしれません。

公式サイトはこちら

マイナポイント事業の概要

「マイナポイント事業」とは、好きなキャッシュレス決済方法を1つ選び、その決済手段で購入した物品金額の25%、5,000円分までを上限としてポイントを獲得できるものです。

  • マイナンバーカードの発行申請
  •     ▼
  • マイナンバーカードの受け取り
  •     ▼
  • マイナポイントの予約
  •     ▼
  • マイナポイントの申込

▼マイナポイント事業については、次の記事でも解説しています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は【マイナポイント】一番お得な上乗せキャンペーン!10社を徹底比較をお伝えしました。

マイナポイントを実際に貯めてみたレビューも、近々お届けしようと思います。

それでは^^

この記事を書いた人
TAKAHIRO SAITO

筆者のプロフィール
広告関係の仕事をしながら、趣味や買い物の記事を中心に執筆中。ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級保有。
キャッシュレス、クレジットカードなどの金融関係の記事も得意。
クレジットカードはセゾンカード、ビックカメラSuicaカードを愛用中。QR決済は、PayPayを使用しています。
趣味はハンドドリップコーヒー、晩酌、映画鑑賞、貯金。

TAKAHIRO SAITOをフォローする
ポイ活
スポンサーリンク
TAKAHIRO SAITOをフォローする
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました