当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています

スターターパックで日本通信SIM「合理的みんなのプラン」へMNP転入する手順

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP レビュー

日本通信SIM「合理的みんなのプラン」は、月額基本料1390円(税込)で利用できるスマホの料金プランです。無料通話が月70分(または5分かけ放題)も利用でき、かなりコスパの良いプランだと思います。

筆者は今回、IIJmio「ギガプラン」から日本通信SIM「合理的みんなのプラン」にMNP転入しました。その際、Amazonで「スターターパック」を購入して初期費用を安く抑えたので、その利用手順も紹介します。

FPさいとう子
FPさいとう子

この記事では、以下の条件での手順を紹介しています。お使いの状況が異なる場合、手順が一部異なる場合があります

  • IIJmio「ギガプラン」から日本通信SIM「合理的みんなのプラン」へMNP
  • 物理SIMを利用
  • スターターパックを利用

スターターパックを使って日本通信SIMへMNP転入する手順

早速本題の、スターターパックを使って日本通信SIMへMNP転入する手順を解説します。

大まかな流れは以下の3ステップです。

  1. 利用開始日を決める
  2. 必要なものを揃える
  3. 利用開始日の10日前に手続きする

以下、順に解説します。

利用開始日を決める

まずは、日本通信SIMに切り替える日(利用開始する日)を決めます。

日本通信SIMの料金計算方法は少し特殊で、料金日割りという概念がありません。

利用開始日から料金月がスタートし、翌月の起算日の前日までに対して計算されます。例えば、1月15日に利用開始した場合、1月末日が請求締め日になるのではなく、2月14日が締め日となります(ただし、オプション利用料等は月末締め)。

月額料金の日割りはありますか?
月額料金の日割りはありません。
弊社サービスの場合、料金月については暦月(1日から始まる)ではなく、お客様のサービス利用開始日が料金月の初めの日になります。したがって、日割りの必要がありません。
例:20日がサービス利用開始日の場合、20日から翌月19日までが料金月のサイクルとなります。
詳しくは各プラン詳細ページの「毎月の課金日」、「ご請求内容とタイミング」もあわせてご覧ください。
※留守番電話などの音声オプション月額料は、日割り計算をしてご請求いたします。

日本通信SIM よくあるご質問:https://www.nihontsushin.com/support/faq.html

一方で、IIJmioの「ギガプラン」を解約する月の料金は「暦月の末日」まで発生します。

ギガプラン・mioモバイルのサービスは最低利用期間(課金開始日を含む月の末日)までは解約することができません。
最低利用期間内に解約手続きを行った場合、解約日は月の末日のため、解約の予約が入った状態となります。SIMは解約日までご利用可能ですが、ご利用料金についても満額を請求いたします。

​ギガプラン・mioモバイルの解約方法を教えてください。:https://help.iijmio.jp/answer/604768764e572f00114e676f

これらのことから、IIJmioから日本通信SIMへMNP転入する場合には、料金が二重にかかる期間を少なくすることが重要です。

MNP転入の手続きをした場合、IIJmioは自動的に解約となり、それと同時に日本通信SIMの料金が発生します。ただし、その場合でもIIJmioの料金は解約月の末日までかかってしまうことなります。

例えば、もし「3月1日」が利用開始日となった場合、IIJmioの料金・日本通信SIMの料金がいずれも3月分丸々かかることになり、損が大きくなります。よって、「暦月の末日(ないし数日前)までに利用開始」をめざすことが無駄がなくてよいと考えます。

必要なものを揃える

日本通信SIMのMNP転入に最低限必要なものは、以下の4点です。

日本通信SIMでは「MNPワンストップ方式」に対応していますが、IIJmioのほうが対応していないため、MNP予約番号の取得は必須です(2023年12月現在)。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、免許証など)
  • 本人名義のクレジットカード
  • メールアドレス

単にMNP転入するだけなら準備物は以上なのですが、今回は日本通信SIMの「スターターパック」を事前に購入しておきます。私はAmazonで2,850円で購入しました。

本来、日本通信SIMの初期手数料は3,300円です。スターターパックがあると、契約時にこの初期費用が不要となるため少しだけ割安になります。

そのため、前もって購入しておくことをお勧めします。また、スターターパックには有効期限があります。Amazonで購入した場合、5カ月以上の有効期限が残った状態で届きました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP
日本通信SIM スターターパック

なお、本スターターパックはメルカリやYahoo!オークションでも出品されていますが、有効期限が切れていると無価値になるため、信頼できるショップで購入することをお勧めします。

利用開始日の10日前に手続きする

IIJmio「ギガプラン」の場合、マイページからMNP予約番号の発行ができます。日本通信SIMで物理SIMを利用したい場合は、利用開始したい日の10日前を目安にMNP予約番号の発行申込みをすることをお勧めします。「10日前」である理由は後述します。

FPさいとう子
FPさいとう子

予約番号の発行完了までは、最短で1日(翌日23時以降)〜最大4日程度かかります。

MNP予約番号が発行できたら、メールで通知が来ます。私の場合、申し込みから1日(約30時間)後に発行完了しました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

日本通信SIM スターターパックを利用してMNP転入する手順

ここからは、スターターパックを利用して日本通信SIMにMNP転入する手順を、スクリーンショット付きで詳しく解説します。

まず、スターターパックを開封します。中には手順の解説と、二次元コードが書かれた紙が入っています。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

封入されている紙に書かれているURLは以下です。

スターターパックで申し込めるプラン|日本通信SIM
「お客様にとっての合理性」を追求した日本通信SIMは、分かりやすく、安心できて、納得感のある料金ラインナップです。1GBのデータ+通話ができるシンプル290プランは月額290円。10GB使えるみんなのプランは月額1,390円。定額通話もでき...

ちなみに、上のURLをブラウザに直接入力すれば、スマホでなくPCからも申込み可能です。

お申込みページにアクセスしたら、まず希望の料金プランを選択します。私は「合理的みんなのプラン」(10GB・1,390円)を選択しました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

次に、SIMタイプを選択します。私の場合はカードタイプのSIMを選択しました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

その後も、画面に従って選択肢を選んでいきます。

IIJmioからMNP転入の場合、「従来のMNP(ツーストップ方式)」を選択します。

また、「事前にスターターパックを購入しましたか?」の選択肢では「購入した」を選ばないと、初期手数料が余分にかかってしまいます。間違えないように気を付けてください。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

デフォルトの状態では、70分無料通話が付いています。開通日から「5分かけ放題」に変更したい場合は、この時点で選択します。

また、はじめて日本通信SIMを利用する場合、「IDを新規登録する」を選択します。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

注意事項や利用規定に同意したら、以下の画面で「次へ」ボタンをクリックします。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

ID新規登録の場合は、「日本通信ID登録」の画面に遷移します。登録希望のメールアドレスと、任意のパスワードを設定します。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

次に、スターターパックに記載されている16桁の申込コードを入力します。コードを誤入力するとエラーになるため、よく確認しながら入力しましょう。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

続いて、本人確認情報の入力と本人確認書類のアップロードを行います。本人確認書類は、マイナンバーカード(表面)や運転免許証などが利用できます。それ以外に利用できる本人確認書類など、詳細は次のリンクからご参照ください。

画像のアップロードについて| マイページ

なお、「日本通信アプリ」をインストールすれば、マイナンバーカード読取りでもこの手続きを行えるみたいです。今回はPCから申し込んだので、普通に手入力しました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP
日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

最後に、料金支払いに使用するクレジットカード情報の入力です。クレジットカードは本人名義のもののみ利用できます。また、デビットカードは利用できません。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

最後の確認画面で「申し込む」ボタンを押したら申込完了です。「カスタマーメール」のチェックボックスは、どちらでも構いません。年に数回程度送られてくるだけのようなので、私の場合は「希望する」にチェックを入れました。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

申し込みから2日後にSIMカードの発送連絡がありました。申込みには審査があるため、この発送日は場合により前後する可能性があります。私の場合は、発送翌日の11月25日に届きました。

SIMカードが届いたら、いつでも開通手続きを行えます。開通をした日(切り替えを完了した日)が利用開始日になるため、この時点で開通タイミングを少し調整することができます。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

万が一、切換えに失敗してリカバーする猶予を持たせるため、私の場合、11月27日の16時頃に切換え手続きを行い、当日17時頃に切り替え完了しました。

11月27日~30日分の3日分の料金については重複して発生していることになりますが、3日分であれば許容範囲と考えました。

iPhone SE(第2世代)の切換え手順としては、SIMカードをnanoSIMサイズに切り取り、SIMカードスロットに差し込み→マイページにログイン後「SIMを開通する」ボタンを押すことで開通できます。

日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP
日本通信SIM 格安SIM スターターパック MNP

切換えに要する時間は、日本通信SIMの場合以下のように定められています。

■MNP回線切替えが完了するまでのお時間
お申込みの時間帯により、下記のとおり行います。
00:00-10:00までにお申込み:当日11:00頃までに完了
10:00-20:00までにお申込み:お申込みから1時間以内に完了
20:00-24:00までにお申込み:翌日11:00頃までに完了

MNP転入する場合の注意点2つ

最後に、IIJmio「ギガプラン」から日本通信SIM「合理的みんなのプラン」にMNP転入するときの注意点を2点紹介します。

MNP予約番号に7日間の有効期限が必要

IIJmioでは、MNPワンストップ方式に対応していません(2023年12月時点)。

そのため、一度IIJmioのほうでMNP予約番号を発行する必要があります。MNP予約番号には発行日を含めて15日間の有効期限があり、SIMカードでのお申し込みの場合は7日間以上の有効期間が残っている必要があります。

前述の通り、IIJmioのMNP予約番号の発行には1日~最大4日程度かかります。通常は1日で発行されるはずですが、2、3日の余裕は見ておいたほうがよいでしょう。

そのため、無駄なく切り替えるためには切換えたい日の「10日前」にはMNP予約番号の申請をすることをお勧めしています。

スターターパックに記載の二次元コードはリンク切れ

スターターパックに記載されている二次元コードを読み取ると、本来なら申込ページに飛べるはずなのですが、なぜかリンク切れになっています。そのため、強制的に日本通信SIMのトップページにリダイレクトされてしまいます。

幸い、併記されているURL<https://www.nihontsushin.com/stp/>は正しいものなので、ブラウザに直接打ち込んでアクセスすることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?今回は「スターターパックで日本通信SIM「合理的みんなのプラン」へMNP転入する手順」をお伝えしました。

このブログでは、人生をちょっとだけお得に送るための生活改善情報を発信しています。よろしければブックマークや、プロフィールページからTwitterのフォローをお願いします。

それでは^^

この記事を書いた人
FPさいとう子

節約や損害保険の記事を得意としています。FP技能士2級有資格者。
趣味は旅行とセルフジェルネイルです。

\更新を見逃さないように、フォローをお願いします/
レビュー
スポンサーリンク
\更新を見逃さないように、フォローをお願いします/
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました