当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています

大磯ロングビーチを一番お得に利用する方法|レジャパスで無料・株主優待も

レジャー,株主優待,節約節約・貯蓄

都会の喧騒を離れたプールリゾート「大磯ロングビーチ(神奈川県大磯町)」をお得に利用したいですか?

本記事では、FPさいとうが大磯ロングビーチをお得に利用するための2つの方法をお知らせします。

FPさいとう
FPさいとう

FPさいとうです。TwitterInstagramもやっています。日々お得情報を発信しています。お仕事依頼はお問い合わせからお願いします。

大磯ロングビーチの概要

レジャー,株主優待,節約
大磯ロングビーチ 流れるプール

はじめに大磯ロングビーチの概要からお伝えします。

「ビーチ」と名がついていますが、砂浜ではなく、プリンスホテルズ&リゾーツが運営する広大な屋外リゾート施設です。

1周500mの流れるプールや、波のプール、全長約140mのウォータースライダー(2コース)、ダイビングプールなど9種のプールのほか、ホテル・レストラン・ゴルフ場などが併設されています。オンシーズンにはカップルや親子連れでにぎわいます。

プール営業時間が午後5時までと短いので、1日中遊びたい場合は営業開始とともに入場することをお勧めします。

大磯ロングビーチの基本情報

レジャー,株主優待,節約
大磯ロングビーチ 駐車場

大磯ロングビーチには、第1・第3駐車場合わせて約2000台収容の、巨大な駐車場があります。

大磯ロングビーチは神奈川県大磯町に所在しています。JR大磯駅からバス/タクシー、または自家用車でアクセスすることができます。

屋外型のプールなので、営業期間は7月上旬~9月中旬までと限られています。2023年は、9月10日(日)までの営業です。

営業期間7月上旬~9月中旬(年により変動あり)
営業時間9:00A.M.~5:00P.M. (時期により10:00A.M.〜5:00P.M.)
所在地〒259-0193 神奈川県中郡大磯町国府本郷546

大磯ロングビーチの料金

大磯ロングビーチの一般料金は以下です。ウォータースライダーや流れるプールの利用も料金に含まれていますが、浮き輪のレンタル代やロッカー使用料などは含まれません。

おとな中・高校生小学生
シニア(65才以上)
幼児
(3才~未就学児
)
1日券¥4,300¥2,900¥2,300¥1,100(7月は無料)
2時から割引券
(2:00P.M.~営業終了)
¥2,600¥1,900¥1,300¥ 700(7月は無料)

出典:時間・料金|大磯ロングビーチ

大磯ロングビーチをお得に利用する方法2選

ここから本題として、大磯ロングビーチをお得に利用する2つの方法をお伝えします。どちらも、筆者が実際に利用した方法です。

方法1:「レジャパス」に加入して1名無料

「レジャパス」は、全国200施設以上のレジャー施設をサブスク(月額制)で利用できるサービスです。加入者は、対象のレジャー施設の入場料などが無料で利用できます(入場料以外の追加料金は別途かかります)。

レジャパスには、月額2,178円のライトプラン、3,278円のスタンダードプラン、4,378円のプレミアムプランがありますが、このうち大磯ロングビーチを利用できるのは「プレミアムプラン」限定です。

この点、大磯ロングビーチのおとな通常料金は「1日券4,300円」なので、一見すると損してしまうように見えます。

ただ、レジャパス「プレミアムプラン」の月額料金を初月無料で加入する方法いくつもあります。代表的なのは以下の3つです。なお、今回紹介する初月無料特典は、クーポンコードが発行され、登録時に入力する方式なので、他のクーポンコードとの併用ができません。

レジャパス「プレミアムプラン」では、同一施設の利用は月に2回までです。

エポスカード特典

エポスカード保有者なら、「エポトクプラザ」から初月無料でレジャパス月払いプランに加入できるクーポンコードを入手できます。

ライト、スタンダード、プレミアムのどれでも選べるので、プレミアムプランが良いでしょう。注意すべきなのは、加入から3カ月の継続利用が必要なことです。

ただ、初月だけプレミアムプランで加入し、月額料金がかかる2カ月目からは月額2,178円のライトプランなどへの変更も可能です。すると、最低料金2,178円×2か月=4,356円で3カ月分(プレミアム1カ月、ライト2カ月)利用できるので、お得になります。

なお、本コードで入会した場合、エポスカードでの支払いが必要とは特に記載されていません。

セゾン・UCカード特典

セゾンカード・UCカード保有者も、エポスカードと同様の優待サービスがあります。

こちらの場合は注意事項として「セゾンカード・UCカードで月払い料金を支払う」ことが明記されています。

また、以前レジャパスを利用したことのある人は対象外で、新規登録であることが必要とも明記されています。

ANA Pocket 200ポイントで交換

エポスカードやセゾン・UCカードを持っていない人にお勧めしたいのは、「ANA Pocket」アプリです。

ANA Pocketは、ANAグループのANA X株式会社が運営するポイ活サービスです。「ANA Pocket」アプリをインストールすることで、日常の移動や広告視聴で簡単にポイントが貯まります。

このANA Pocket内のポイント200ポイントを消費することで、レジャパスが初月無料で利用できるクーポンコードを取得できます。この場合も、3カ月の継続利用が必要です。

今ならANA Pocketアプリを新規登録するだけで5,000ポイントもらえるキャンペーンが実施中です(2023年8月現在、終了時期未定)。

また、もしポイントを使ってしまって足りなくなっても、1分ほどの動画広告を観るだけで100ポイントとか貯まるので、200ポイントを貯めるのは容易だと思います。

\以下リンクからなら、5,000+5,000=10,000ポイントゲット!【PR】/

方法2:株主優待+SEIBU PRINCE CLUB割引

SEIBU PRINCE CLUBは、株式会社西武ホールディングスが運営する会員制度です。アプリまたは会員カードの提示で、西武グループ各社の特典・サービスが受けられます。

西武グループである大磯ロングビーチも、この会員特典で割引を受けられるのですが、この割引と、西武ホールディングスの株主優待特典を併用することができます。

特典を併用できることは、西武ホールディングスの株主優待ページにも明記されています。

大磯ロングビーチで使える優待券は、「1,000円共通割引券」です。

あなた
あなた

そんなこと言われても、西武ホールディングスの株なんて買えないよ

というコメントが来そうですが、実は西武ホールディングスの株主優待券は、メルカリや街の金券ショップでも購入できます。実際にメルカリでは、1,000円共通割引券が3枚で2,500円前後が相場となっています(2023年8月現在)。

レジャー,株主優待,節約
画像:メルカリ

「共通割引券」と記載のあるもの、または「優待冊子」の形態のものを選ぶとよいでしょう。

1,000円共通割引券は会計2,000円ごとに1枚使用できます。たとえばおとな1日券を2人分、SEIBU PRINCE CLUB割引を併用して購入した場合のシミュレーションは以下です。

1日券(おとな2名)
 8,600円
SEIBU PRINCE CLUB割引
▲1,600円
1,000円共通割引券
▲3,000円(6,000円以上のため、3枚利用可)
合計
 4,000円

実際には、株主優待券の調達費用として約2,500円かかっているので、おとな2人で約6,500円の出費です。

それでも、通常料金だと2人で8,600円かかるので、ひとり当たり950円得していることになります。

ただし、株主優待を利用する場合はチケットの事前購入はできず、当日窓口で提示する必要があります。時期によっては窓口が混むこともあるので、少しでも早く入場したい方は事前購入できる方法をお勧めします。

実際に利用して気づいた注意点

最後に、上記2つの「お得に利用する方法」を実際に試してみて気づいた注意点を3つ紹介します。

レジャパスで一度に保有できるのは5つまで

レジャパスでは、別の施設であれば月に何回でも制限なく利用できます。

ただし、一度に保持できる予約は5つまでと決まっています。大磯ロングビーチ以外にも複数の施設を予約している場合、いずれかをリリースしないと新規予約できないため、注意してください。

レジャー,株主優待,節約
同時に予約できる数は5個まで

大磯ロングビーチで使える優待券は5月発送分のみ

西部ホールディングスの株主優待券は、5月と11月の年2回発送されますが、このうち大磯ロングビーチで使えるのは、「5月発送分」だけです。5月発送分の優待券には「有効期限11月30日」と記載されているはずなので、メルカリなどで購入する時は間違えないように注意してください。

なお、「100株以上300株未満」の株主に対しては、優待券の11月発送はありません。

パラソル代・駐車場代は別途必要

レジャー,株主優待,節約

大磯ロングビーチには、入場料の他にかかる代表的な費用としてパラソル代や駐車場代があります。これらの費用はレジャパスでは無料対象とならず、SEIBU PRINCE CLUBの割引対象にもならないため注意が必要です。

大磯ロングビーチでは屋外でプールサイドに日光を遮る屋根もないため、日差しが強い日はパラソルまたはテントをレンタルすることをお勧めします。

パラソル/テントのレンタル代は時期により異なりますが、パラソルは1日1,500円~4,500円、ファミリー向けのテントは1日3,000円~12,000円です。また、乗用車の駐車場代は1日1,500円~2,000円です。

まとめ

いかがでしたか?今回は「大磯ロングビーチを一番お得に利用する方法|レジャパスで無料・株主優待も」をお伝えしました。

このブログでは、人生をちょっとだけお得に送るための生活改善情報を発信しています。よろしければブックマークや、プロフィールページからTwitterのフォローをお願いします。

それでは^^

この記事を書いた人
FPさいとう

節約やライフハックの記事を中心に執筆しています。FP技能士2級、日商簿記2級保有。行政書士試験合格。
投資やせどりなどの「資産を殖やす」分野での記事執筆が得意。趣味は旅行先でコーヒーを買うこと、読書、ワイン、Netflix、貯金。

\更新を見逃さないように、フォローをお願いします/
節約・貯蓄
スポンサーリンク
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました