【オススメ映画】クリストファー・ノーラン監督の特徴と見逃せない映画5選|新作テネットの予習

ノーラン映画のアイキャッチレビュー

いま最も批評家が注目すると言われる映画監督、クリストファー・ノーランをご存知ですか?

2020年9月には、監督最新作「テネット」の公開も予定されています。

クリストファー・ノーランは、2005年から始まる『ダークナイト』シリーズで一躍有名となりました。

また彼は批評家にも絶賛されていて、第二次世界大戦を描いた2017年の『ダンケルク』では、監督賞を含むアカデミー賞8部門にノミネートされています。

今回は、年間100本の映画を観ている筆者が、クリストファー・ノーラン監督の特徴と、見逃せない監督作品5作品を紹介します。

クリストファー・ノーラン監督作品の特徴

彼が監督した作品は、現時点の最新作『ダンケルク』までに10作品。

1998年からのキャリアにしては多作です。

これらの作品に共通するトピックを紹介します。

これを知っていると、ちょっと自慢できるかもしれませんよ。

同じ俳優を何度も起用する

「ノーランファミリー」と言われるほど、同じ俳優を別の作品でも起用します。

例えばこんな人たち。

キャスト

出演作品

クリスチャン・ベール

ダークナイトシリーズ、プレステージ

渡辺謙

バットマンビギンズ、インセプション

マイケル・ケイン

ダークナイトシリーズ、プレステージ、インセプション、インターステラー、ダンケルク(声の出演)

アン・ハサウェイ

ダークナイト ライジング、インターステラー

他にもトム・ハーディやキリアン・マーフィ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィットなどが常連です。

ノーラン監督の作品を観ていると、「あの映画に出てた人だ!」と気づくことがとても多いです。

さまざまな作品を観れば、”役者通”になれるかもしれません。

IMAX撮影を劇場作品で使用したのは世界初

今では大作映画でよく使われるようになったIMAX撮影。

これ、劇場作品では『ダークナイト』(2008年)の一部のシーンで、世界で初めて使用されました。

それまでは実験映画などで使用されていただけ。

このダークナイトの撮影中に、撮影チームは1台50万ドルもするIMAXカメラを破壊してしまったそうです。

そんな犠牲のおかげで、同作では冒頭シーンのビル群の空撮から緻密な映像体験が味わえて、「凄いものが始まりそう」とワクワクさせてくれます。

CGを極力使わない”リアル志向”

Blu-rayのメイキング映像などに収録されていますが、監督はCGでは表現できないリアル志向にこだわります。

ビル爆破のシーンでは実際に無人ビルを爆破します。

『インセプション』のホテル廊下での戦闘シーンは、廊下のセットを実際に回転させることで撮影しました。

インセプションのワンシーン
出典:https://gigazine.net/news/20150814-inception-hallway-dream-fight/

『ダークナイト ライジング』の飛行機強奪のシーンも、実際に飛行機を吊り上げて撮影したというから驚きです。

クリストファー・ノーラン監督のオススメ映画5選

メメント

メメントのワンシーン
出典:https://video.unext.jp/

ラストシーンから逆回しに再生するという、目にも新しい脚本。

物語の一部だけならまだしも、全編がこのような構成になっている映画は他に類がない。

少しずつ謎が解けていく感覚は、記憶を失った主人公レナードの感覚と近いものであるはずで、謎解きの魅力もある。

全身にタトゥーやメモをあちこちに貼る演出は、後の「記憶を失う」系の作品に多大な影響を与えたものと思われる。

この映画を商業映画としては実質1作目の作品で作り上げたのだから、監督のその後の成功も納得である。

プレステージ

プレステージのPR画像
出典:https://video.unext.jp/

『バットマン ビギンズ』からバットマンを演じるクリスチャン・ベールがここでも登場。共演はヒュー・ジャックマンにスカーレット・ヨハンソンと豪華キャスト。

19世紀末ロンドンでの、マジシャン同士の対決ストーリー。

ストーリーや謎解き自体は目を見張るほどのものではないものの、立て続けに種明かしをしていくラストには驚かされる。必見。

また、マジシャン同士の危険なマジックが徐々にエスカレートしていくところは、盛り上げ方が巧みだと思わせられる。

ダークナイト

ダークナイトのワンシーン
出典:https://video.unext.jp/

筆者が恐らく人生で最も見返している映画。

アクション、ドラマ、演技対決、狂気、恋愛、失恋、ライバル、裏切り…等々、何でも入っているすごい作品。

冒頭のビル群から、ラストシーンの一言まで、どれも見応えのある映像。なぜだろう、レイアウト1つ取っても痺れる。

肉弾戦は地味だけれど、バットモービルやバイクなどギミックが効いているシーンが多く、飽きずに見られる。

やはりヒース・レジャーのジョーカーを上回るものは今後出ないだろう。

インセプション

インセプションのワンシーン2
出典:https://video.unext.jp/

『バットマン ビギンズ』でチョイ役出演していた、あの渡辺謙がこんなに出ている!

この作品では間違いなくメインキャラの一員となった。

街が折り畳まれたりホテルが回転したりする、大スケールの映像に目を引かれる。

ただ、ストーリーの細部まで理解しようとするとかなり難解。

・夢の中では時間が20倍に引き伸ばされる

・三半規管に刺激を受けると目を覚ます

など、初回の視聴では設定を理解することに終始してしまうだろう。

ラストのワンシーンで、必ずもう一度観たくなってしまう映画。

インターステラー

インターステラーのワンシーン
出典:https://video.unext.jp/

マシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイのダブル主演。

舞台は環境汚染が進み、終末が迫っている近未来の地球。

他に住める惑星を探すため、NASAが極秘裏に進めていた宇宙プロジェクトが、探査に乗り出すが…。

相対性理論とか五次元宇宙とか、劇中には難解なワードが飛び出して挫けそうになるストーリー。

後にノーベル物理学賞を受賞するキップ・ソーン氏が監修していて、しっかりとした科学考証が練られているそうだが、その辺りは理解できなくても問題ない。

とにかく、「愛は時空を超える」ということに尽きるのだと感じた。

ライトに観ようと思えばそれも可能で、突き詰めれば突き詰めるほど沼にハマっていく、そんな映画。

上映時間は169分と、とにかく長い。

時間がゆっくり取れるときにご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

クリストファー・ノーラン監督の魅力は1作観たら伝わると思います。

ちなみに、以上に紹介した作品は現在、すべてU-NEXTで観ることができます。

『テネット』の公開に合わせて、チェックしてみてはいかがですか?

それでは^^

この記事を書いた人
TAKAHIRO SAITO

筆者のプロフィール
広告関係の仕事をしながら、趣味や買い物の記事を中心に執筆中。ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級保有。
キャッシュレス、クレジットカードなどの金融関係の記事も得意。
クレジットカードはセゾンカード、ビックカメラSuicaカードを愛用中。QR決済は、PayPayを使用しています。
趣味はハンドドリップコーヒー、晩酌、映画鑑賞、貯金。

TAKAHIRO SAITOをフォローする
レビュー
スポンサーリンク
TAKAHIRO SAITOをフォローする
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました