【メルカリ】レターパックプラスとゆうパケットプラス、送料が安いのはどっち?|発送方法の比較

レターパックのサムネイル画像節約・貯蓄

メルカリで出品をしている方へ。

“厚みのある商品”のメルカリでの発送方法に悩んだことってありませんか?

筆者は、これまでにヤフオク!やメルカリ、Amazonマーケットプレイスで、累計100件以上の取引実績があります。

今回は、厚みのある商品に最適な発送方法として、ともに名前がよく似た日本郵便のサービス、「レターパックプラス」と「ゆうパケットプラス」の比較をします。

結論

厚みが7cmを超える場合はレターパックプラスがオススメ!

以下の項目で、レターパックプラスとゆうパケットプラスを4つの観点で比較していきます。

価格の比較

価格(税込)備考
レターパックプラス全国一律520円
ゆうパケットプラス全国一律375円別途、専用資材65円

送料でみるとゆうパケットプラスのほうが安いですが、専用資材も含めた金額は440円となり、その差は80円とわずかです。

厚さの比較

最大サイズ備考
レターパックプラス340mm×248mm(A4サイズ)
4kg以内
封筒の封が綴じられれば、
厚みは関係ない
ゆうパケットプラス240mm×170mm
厚さ7cm以内、2kg以下

レターパックプラスは、変形できることに大きな利点があります。

マチ部分を完全に広げると厚さは約10cm程度になり、ゆうパケットプラスを上回ります。

厚さは最大10cmほどになります

筆者は、これで「週刊少年ジャンプ」2冊を一度に発送しました。

補償の比較

補償の有無備考
レターパックプラス損害賠償はない
ゆうパケットプラス郵便局での損害補償はない
(メルカリが「サポート」する」)

損害補償についてはどちらも微妙です。

ゆうパケットプラスについて、メルカリ公式サイトでは「サポート」するとありますが、基準や条件が示されておらず、全額補償はないものと思っていたほうがいいでしょう。

ただ、レターパックプラスのほうは「対面受け取り」になるため、荷物受け取り時のトラブルは少なくなります。

いずれにせよ、梱包はしっかりしたほうが良いでしょう。

配達日数の比較

配達スピード備考
レターパックプラス速達扱いで優先配達。
土日休日も配送あり
ゆうパケットプラス普通郵便と同等

レターパックプラスは、速達と同等の優先度で配達され、他の郵便より早く届くきます。

ゆうパケットプラスは普通郵便と同等レベルで、その遅さを指摘するツイートも見られました。

匿名配送について

匿名配送の可否備考
レターパックプラス匿名配送はできない
ゆうパケットプラス匿名配送が可

匿名配送は、メルカリ便だけが使えるサービスです。

レターパックプラスを使用する場合は匿名配送が利用できず、住所を教えてもらう必要があります。

まとめ

筆者としては、商品に合わせて柔軟にサイズを変えられ、現金以外は何でも送ることができる「レターパックプラス」を好んで使います。

日本郵便だけでもさまざまな発送方法があるので、これからもその比較を紹介していきたいと思います。

それでは。

この記事を書いた人
TAKAHIRO SAITO

筆者のプロフィール
広告関係の仕事をしながら、趣味や買い物の記事を中心に執筆中。ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級保有。
キャッシュレス、クレジットカードなどの金融関係の記事も得意。
クレジットカードはセゾンカード、ビックカメラSuicaカードを愛用中。QR決済は、PayPayを使用しています。
趣味はハンドドリップコーヒー、晩酌、映画鑑賞、貯金。

TAKAHIRO SAITOをフォローする
節約・貯蓄
スポンサーリンク
TAKAHIRO SAITOをフォローする
良品週刊

コメント

タイトルとURLをコピーしました